×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子規さん(仮)

がむしゃらで周りを巻き込む子規と、巻き込まれた友人たちの友情物語?

登場人物

※碧桐吾はツン担当、虚子はデレ担当です。(当社比)
※「子規さん(仮)」は高浜虚子著「子規居士と余」を読んだ後の勢いで描いてます。
なので、つまり、とてもいい加減です。

vol.1「出会い」

子規さんたちのマンガ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※訂正

vol.1を描いてから、河東碧梧桐著「子規の回想」という本を読んだら、
vol.1の設定がまんまひっくり返ってしまったので修正。

(そもそも「子規さん」のネームは高浜虚子著「子規居士と余」を読んだだけで
描いちゃったので虚子視点の出会いしか知らなかったのです。無知です。
描く前に調べなさいよというね。)

ちなみに高浜虚子著「子規居士と余」での虚子と子規の出会い

・虚子が中学の時(今で言う高校?でしたっけ)の夏休みの夕方、
草野球してたら東京から帰省中の子規が通りすがって気まぐれでそこに参戦した、
っていうのが実際のところらしいです。


多分こんな感じかと。

なんか子規が「本場仕込みのバッティングを見せてやる!」とか言ってヒーローかましてたみたいですよ。

で、河東碧梧桐著の「子規の回想」だと、

・碧梧桐の父に勉学を教えてもらいに河東家に通ってた子規に
碧梧桐が遭遇した、のが最初みたいです。


こんな感じ。

のちのち眼鏡かけたらガッカリ…とか。

あと碧梧桐の兄(マンガだと性転換してるので姉ということで)と子規が友達で、…姉にくっついて遊んでたみたいです。
なんだか河東家は兄妹が多いみたいです。
碧梧桐が姉sにセクハラされてたらいいな。(面白いという意味で)

home | last update